トップページ > 引越し後のあいさつとは?

引越し後のあいさつとは?

みなさんは、引越しの際に挨拶まわりをしていますか?特に、土地に根付いた不動産屋さん、大家さんにお世話になった場合、これからお世話になる場合は、挨拶をしておいたほうがよいでしょう。

 

近隣の住民への挨拶まわりも、簡単にでもよいので行っておくことをおすすめします。引越し当日、もしくは翌日から数日以内に挨拶に行くようにしてください。できるだけ夜間の時間帯は避けて、昼間の明るい時間帯に行うようにすることも大切です。

 

一軒家の場合には、前後左右1軒から2軒先まで挨拶を行うのが基本です。アパートやマンションの場合には、左右と上下階程度で大丈夫です。管理人さんに挨拶をしておくこと、大切ですね。

 

口頭での挨拶だけでもよいのですが、簡単な品物でも添えるのが礼儀といわれています。タオルや洗剤、石鹸、ちょっとしたお菓子など、500円程度のものでも大丈夫です。食べ物の場合は、好き嫌いがないような無難なものにしたほうがよいでしょう。

 

最近では、ご近所づきあいをする人が減ったせいか、引越しの際の挨拶まわりも行われなくなっているといいます。しかし、そのようなことが近隣の人とのトラブルを招くようなことにつながり、最悪の場合殺人事件に発展するようなことも起きています。

 

ご近所と親しくつきあうまでの交際に発展せずとも、困ったときには助け合ったりできれば幸いです。また、近所にどんな人が住んでいるかを全く知らない状態では、どんなトラブルが起こっても自業自得です。挨拶まわりはしっかり行っておいて、ご近所にどんな方が住んでいるかくらいは把握しておきましょう。