トップページ > アルツハイマー病の原因とは?

アルツハイマー病の原因とは?

神経細胞が死んでしまう
脳というのは、神経細胞が1000億ほど存在しています。この神経細胞があることによって、脳の情報をスムーズに伝達することができるようになっているのです。これによって、何かを記憶したり、思考をすることが可能になっています。

 

ですが、この神経細胞が圧迫されれてしまうと死んでしまいます。歳を取ってくると老人斑ができてしまいますが、これが神経細胞を圧迫してしまっているのです。老人斑はβアミロイドといわれるタンパク質によって構成されています。

 

通常の場合は、神経細胞をβアミロイドが圧迫してしまうということはないのですが、老人斑になってしまっているということは、βアミロイドに問題が生じてしまっているということになります。その結果、神経細胞が死んでしまって、スムーズに情報伝達をすることができなくなってしまうのです。そして、脳が萎縮していき、アルツハイマー病を引き起こしてしまいます。

 

どうしてβアミロイドに異常が生じるのか?
通常の場合、脳というのは重量が1.4kgほどあるのですが、萎縮してしまったら800gほどに減ってしまいます。つまりそれだけ多くの神経細胞が死んでしまって消滅してしまっているということなのです。

 

神経細胞が大量に死滅をしてしまうことで、正常に脳が機能しなくなってしまい、記憶障害などの症状が出てしまうことになります。ただし、アルツハイマー病の原因の一つだとわかっているだけで、他の原因についてはほとんどわかっていないのが実情です。ですので、アルツハイマー病の予防方法もまだはっきりしていませんし、有効な治療法や治療薬も見つかっていないのが現状なのです。