トップページ > ミネラルの働き!

ミネラルの働き!

ミネラルウォーターの名前にも付いているミネラルって何?最近よく聞くミネラルとは何のこと?と思っている方もいるでしょう。ミネラルとは無機質な成分のことで、100種類以上あるとされています。人体では骨や歯を作るために必要で、細胞浸透圧のコントロールにも欠かせません。

 

健康の維持
ミネラル不足が叫ばれる一方で、意識して摂取していないのに生きていられるのだから別にとらなくても大丈夫なのではないかと思う人もいます。

 

しかし、ミネラルはほんのわずか欠けただけでも健康を害する恐れがあります。例えば、免疫力をきたえるためには亜鉛が欠かせず、精神状態を安定させるにはカルシウムやカリウムが効果的です。筋肉をスムーズに動かすには、マグネシムやカルシウムの力が大切。クロムというミネラルは、血液の流れをよくしてくれます。

 

疲労を回復するには、鉄分の働きが必要。心臓を正常に働かせるにも、マグネシウムが大事です。カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リンなどが脳の活性化を図ってくれていることもあり、ここで挙げなかったミネラルも他の種類も関係しあっていることから、多数のミネラルを微量ずつ摂取することが大切だとわかります。

 

ダイエット効果
ミネラルが不足してくると、代謝が低下してきます。カルシウムには脂肪の燃焼を促進する作用がり、リンにも脂質の代謝を高める働きがあります。マグネシウムは基礎代謝に大きく関わってくるので、欠かさずとりたいものです。

 

美肌効果
あまり聞かれないミネラルの一種、ケイソはコラーゲンを強化する働きを持っています。爪に多く存在するミネラルで、ケイソが足りている人は爪がきれいです。メラニンの代謝を促進してくれる亜鉛が不足すると、シミやそばかすが増えてきます。

 

活性酸素を除去するのはビタミンCやビタミンEばかりと思うかもしれませんが、ミネラルのセレンにも同じ効果があります。これにより、シミやそばかすなどに対策することもできます。