トップページ > 喫煙は神経痛の元凶

喫煙は神経痛の元凶

タバコにはリラックス効果があると言われていますが、カラダにとっては悪い影響の方が非常に多いです。その中でも喫煙者の中には胸に痛みなどが発症しやすいとも言われています。そもそもタバコは少量だけでも吸うだけでカラダに非常に害を及ぼします。

 

まずタバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる性質があり、酸素や栄養などをカラダの末端部分にまで十分に行き渡らせることができず、血液の循環に障害を作りだしてしまいます。

 

それにより血液の流れに問題ができて疲労物質や老廃物などが溜まりやすくなり、神経にも影響がでてきます。そしてニコチンの影響は他のところにもあらわれ、椎間板にも大きなダメージを与えてしまい弾力を奪ってしまいます。椎間板は骨と骨との間にある緩衝材の役目をしており、外からの衝撃などで骨と骨とが擦れないようにしています。

 

椎間板の主成分はコラーゲンなのですが、ニコチンはこのコラーゲンを破壊してしまい、わずかな衝撃でも傷付きやすくなり坐骨神経痛や椎間板ヘルニアが発症しやすくなります。

 

またニコチンはコラーゲンを作るビタミンCも壊してしまうため、コラーゲンを作ることも困難にしてしまいます。このような事態にならないためにも、現在タバコを吸っている人は今後タバコの本数を減らしてみてはどうでしょうか。