トップページ > 不用品回収の流れ

不用品回収の流れ

不用品回収業者は日本国内に1、000軒以上もあるとされ、それぞれが異なる方法で作業をしています。基本は不用品の見積もりをして料金の徴収ないし支払いを行い、運搬するということです。

 

しかし、要領の良い業者とそうでない業者とでは、全く異なる作業の流れをしているものです。不用品回収業の作業の流れを、一般的なケースで見てみましょう。

 

■問合せ後、見積もり
不用品回収に見積もりなど不要と考える人が多いようですが、この段階を踏んでおかないと後でトラブルが起こりやすくなります。まともな業者であっても、予想外に引き取る品が増えたりすると料金を加算してくることがあります。悪質な業者の場合は、見積もりもせずに引き取りに来てしまうことが多いのです。

 

正確な不用品量を伝えるのはもちろん、見積もりもしないような業者と取引するのは避けておきましょう。また、実際に引き取りに来た際に料金が高くなることがないかも、確認しておくべきです。あらかじめ、見積もり書やマニフェスト、破砕証明、廃棄証明などを提示してくれる業者なら、より信頼度が高いといえるでしょう。

 

■集合住宅では、周囲への配慮を
見積もりが済んだら、後は引き取りにきてもらい、不用品を運んでもらうだけです。集合住宅の場合には、引越し同様に周囲に迷惑がかかることがあります。養生などの気配りがある業者のほうが、信頼できます。

 

共同で使用している場所を傷つけられたり、住民に迷惑をかけるような行為を行う業者では、困ってしまいます。料金の支払いについては、最近では振込みなどの方式がとられることも多いようです。当日その場で即金という業者には、よく注意しておいたほうがよいでしょう。